一番くじの特性

コンビニ一番くじの特性を考えてみると、フィギュアが高い価値をつけてくる理由が見えてきます。基本的にコンビニで販売されることになりますが、1回の価格もかなり高額になってきました。その中で当選するかどうかということになれば、希少性が高まることも理解できるでしょう。コレクターではなくても、販売するためにチャレンジしている人がいるほどです。

コンビニという環境を考えるとわかりますが、非常に目立つところに展示されています。それだけの需要が見込めるからこそ、いい場所を取るわけですが、知名度もなければそこまで購入者は現れないでしょう。一番くじだからこそ購入するのではなく、モチーフになっている作品が知名度が高いため、それを利用しているというのがコンビニの事情です

それだけのファン層を抱えているからこそ、一番くじを引きたいという人も現れます。コンビニとしても利益が上がることになるため、注目を集めていないようなものは、モチーフになりません。非常にシビアな部分でもありますが、知名度があるからこそ、中古の市場を見てもかなりの需要が出てきていくのです。何気なく購入して当たったものであっても、価値が高まっていくのは、もともとそれだけの力を持って販売されているからといえるでしょう。


関連記事